あると便利!海外旅行に持っていくべき+αのグッズたち

海外旅行へ持って行く荷物は、多すぎると結局は無駄になってしまってダメだし、少なすぎても不自由をすることになるのでダメなもの。

過不足なく適切な荷物を選べるようになるには、海外旅行に慣れることが大切です。

そのためには、海外慣れしている旅の達人から荷物選びのコツを学ぶのが近道。

海外旅行慣れしている人が必ず旅行に持って行っている、かなり使えるプラスαのグッズを学びましょう。

圧縮袋

海外旅行の荷物の大半を占める洋服などの布ものを圧縮させるのに使います。

布ものを圧縮袋に入れるだけで、スーツケースの中身にかなりのスペースが生まれるので整理整頓に役立ちます。

耳栓とアイマスク

旅行先での疲労を最小限に押さえるには、とにかく夜は熟睡することが何よりも大切。慣れない環境で熟睡するには、アイマスクで光を遮断し耳栓で雑音を遮断するのが一番です。

機内での睡眠時はもちろんホテルでの睡眠時にも活用しましょう。

着圧ソックス

女性で足の浮腫みが気になる人は、是非着圧ソックスを持っていきましょう。

機内やホテルで過ごす時に着圧ソックスを履いておくだけで、足の浮腫みがかなり軽減されて疲労もかなり取れますよ。

アロマオイル

旅先では非日常を楽しめる一方、知らず知らずのうちにストレスを感じてしまうもの。

海外旅行を快適なものにするために、お気に入りのアロマオイルを持っていきましょう。

乗り物で移動中にちょっと気分が悪くなったら、ハンカチやガーゼに1~2滴たらしてアロマの香りを吸い込むとすーっと楽になります。

またホテルなどで匂いが気になる時は、使い捨てのコップなどに水を入れその中にアロマオイルを数適たらしましょう。

アロマの香りが広がって、ホテルが快適空間になります。

入浴剤

旅の疲れを癒すにはお風呂が一番。

海外では入浴剤は日本ほど豊富ではありません。

温泉の素とか、炭酸バスのバブとか、自分がリラックス出来る入浴剤は日本から持参するのが正解です。

ゴルフボール2個

旅先では肉体的な疲労でくたくたになることもしばしばあります。

海外は、日本のようにエキナカに行けばマッサージがあるという便利な環境ではないので、ホテルでは自分で自分のマッサージをするようにしましょう。

ゴルフボール2個を床においてその上に仰向けになって寝転び、背中や腰など気になる箇所にゴルフボールが来るように調整して、体を動かしてゴリゴリとマッサージするだけで、かなり体のコリが取れて楽になりますよ。

簡易スリッパ

飛行機の中やホテルの中で、リラックスするには靴を脱ぐことが大切。

日本人はずっと靴を履いていることに慣れないので、脱げる環境では出来る限り靴を脱いでスリッパに履き替えて足もリラックスさせてあげましょう。

洗濯バサミとジップロック

旅の荷物を減らすには、洋服や下着の枚数を減らして出来るだけホテルで手洗いして着回すことが大切です。

洗濯用として、洗濯バサミをいくつか持って行くようにしましょう。

また、ジップロックは汚れたものを入れるのに役立ちます。  

海外旅行慣れしている人の荷物選びのテクニックを真似して、快適な海外旅行にしましょう。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ