海外旅行の喜ばれるお土産選びのコツ

ある程度有名な観光地であれば、必ず定番のお土産というものがあります。

ハワイだったらマカダミアンナッツ。ニューヨークだったらI♥NY。などなど。

定番中の定番のお土産を買って行ったら「また、これか」と失望され、かと言って定番中の定番のお土産を買って行かなかったら「あれ、買ってきてないの」と失望されたり。

海外旅行で喜ばれるお土産を買って行くのは至難の業。

そこで、海外旅行のお土産で、デキる奴だなと思われる方法をご紹介します。

とりあえず、定番中の定番のお土産は買っておく

お土産を買う時には、とりあえずその土地の定番中の定番と言われるアイテムは必須で買っておきましょう。

定番中の定番のお土産は、割とリーズナブルな価格のものが多いので、買って行っても買って行かなくても文句を言われるくらいなら、買っておいてサラっとお渡ししたほうがスマートです。

事前に、日本未発売のものをリサーチしておく

デキるな、と思わせるためには、事前に日本では手に入らないアイテムをリサーチしておくことが大切です。

ガイドブックを2、3冊読むと、その土地のお土産事情にかなり詳しくなれます。

日本未出店のスペシャリティコーヒーのアイテムや、スターバックスの一号店のアイテムに、ヴィクトリア・シークレットのアイテムなど、お土産を渡す人の趣味趣向に沿った「日本では手に入りにくい」アイテムを選ぶことが大切です。

スーパーやドラッグストアでパケ買いする

他にも、ばらまき用のお土産として、スーパーやドラッグストアなどで見た目のデザインが良いお菓子やステーショナリー、リップなどの小さめのスキンケアなどをパケ買いしておきましょう。

海外のスーパーやドラッグストアはリーズナブルで可愛らしいアイテムの宝庫。日本のスーパーやドラッグストアに置いてある商品とはひと味違うものなので、ある意味で「海外らしい」アイテムとしてお土産にすると喜ばれます。

特にリップクリームやハンドクリームなどは海外っぽい香り付きのものが多く、女性陣へのお土産として重宝します。

他にも、海外スーパーのエコバッグや海外の雑誌なども意外と喜ばれます。

リーズナブルなものが多いので、自分のものも含めて、少し多めに買っておくと、「お土産が足りない」という失敗がないのでおすすめです。

親しい人であれば洋服などのファッションアイテムも可

家族や親戚、親友など、ある程度親しい人であれば洋服やスカーフやバッグなどのファッションアイテムもお土産として喜ばれます。

ただし、こうしたアイテムはある程度値段が張るものなので、「万が一の場合は自分が使えば良いや」と思えるようなものを選ぶようにしておくと失敗が防げます。

迷った時や買い物をする時間がなかった時は

最後に、お土産を買う時に迷いすぎて買えなかったり、または買い物をする時間がなかった時などは、最終手段として帰りの空港でお土産を調達するようにしましょう。

空港で買えるお土産は、良い意味でも悪い意味でも「可もなく不可もなく」といったアイテムが多いのですが、お土産がないよりはマシなので忘れずに買うようにしましょう。

以上、お土産で困った時や迷った時の参考にしてみてくださいね。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ