女性必見!機内へ持ち込むべきポーチの中身

長時間のフライトは、体への負担が大きいもの。

しかも、機内は乾燥しているので、きちんとしたケアをし忘れたら一気に肌へのダメージが加速してしまいます。

長時間フライトの影響しらずの美肌をキープして、旅行先についてすぐにでも写真に写れるようにしておきたいですね。

機内へ持ち込むべきポーチの中身をご紹介します。

スキンケア用品の機内持ち込みルール

国際線を利用する際、機内持ち込みにはルールがあるのでそのルールにそってポーチの中身を揃える必要があります。

国際線を利用する場合、100mlを超える容器に入ったあらゆる液体物は、機内への持ち込みが禁止されています。

機内での乾燥は大敵とはいえ、普段使っている化粧水などをボトルごと持ち込むことは出来ません。

100mlを超える液体は、保安検査場で破棄することになってしまいます。

100ml以下の容器に移し替えるか、トライアルセットなどの化粧水を持ち込むようにしましょう。

その際、液体の容器は縦20cm×横20cmの透明のプラスチック製の袋に入れることが必須で、しかも、透明プラスチック製袋の持ち込みは1人あたり1つのみとなっていることにも注意が必要です。

ただし、出国手続き後に免税店などで購入したものは持ち込みが可能なので、もしスキンケア用品の準備を忘れてしまった場合は、免税店でスキンケア用品を揃えるようにしましょう。

拭き取りのクレンジングシート

席についたままでもメイクをOFF出来るように、拭き取りのクレンジングシートを持ち込みましょう。

クレンジングシートでは肌荒れが心配という人は、乳液を染み込ませたコットン(小さいジップロックに入れておく)でも大丈夫です。

機内の乾燥による肌ダメージの影響を最小限にするためにも、席について落ち着いたタイミングで、メイクOFFするようにしましょう。

化粧水、乳液、美容液などが揃ったトライアルセット

液体の機内持ち込みは制限があるし、ルールにそってスキンケア用品を準備するのは中々大変なもの。

そこで、ミニサイズの化粧水や乳液、美容液などが揃ったトライアルセットを事前に購入しておきましょう。

この機会にお気に入りのブランドのトライアルセットを試してみるというのもおすすめです。

シートマスク

機内は非常に乾燥しているので、スペシャルケアとしてシートマスクを何枚か準備しておきましょう。

そして、機内が消灯されたタイミングで、シートマスクパックをしておけば、ぷるぷると潤った美肌をキープすることが出来ます。

ニベアクリーム

肌の乾燥対策には、とにかく保湿あるのみ。数ある化粧品の中でも抜群の保湿力を誇るニベアクリームは小分けにして、ポーチの中に入れておくと安心です。

就寝する前に、少量のニベアクリームを顔に塗っておくと、機内で寝た後でもお肌はぷるぷると潤ったままです。

ホットアイマスクと耳栓

お肌の乾燥対策には、スキンケアと併せて睡眠対策も取っておく必要があります。

しっかりと乾燥対策&睡眠対策を取ったら、美肌はもう約束されたようなもの。

機内では中々熟睡できないという人は、使い捨てのホットアイマスクと耳栓を用意しておきましょう。

ホットアイマスクで目を温めつつ光を遮断し、耳栓で周囲の雑音を遮断すると、びっくりするくらい熟睡することが出来ますよ。

以上、美肌をキープするための機内持ち込みポーチ対策でした。是非参考にしてみてくださいね。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ