海外旅行で英会話を実践してみる

海外旅行へ行くとぶつかるのが言葉の壁。

日本語が通じるという観光地のほうが珍しく、日本語が通じずに英語なら通じるという観光地がほとんどなのではないでしょうか。

海外旅行は、英会話を実践してみる絶好のチャンス。

海外旅行で英会話を実践するために、私が自分なりに実践しているルールをご紹介します。

出来るだけ、その「職業の人」とコミュニケーションを取る

現地で英会話を実践したい!と思っても、一般の人とコミュニケーションを取るのは色々と難しいです。

飛行機ではCAさんや、空港では空港スタッフ、ホテルではコンシェルジュなどのホテルスタッフ、レストランやカフェではウェイターさんなど、出来るだけその場にいる「働いている人」に積極的に声をかけて色々と教えてもらってコミュニケーションを図りましょう。

働いている人であれば、親切に対応してくれる人がほとんどなので、怖い思いをしたり嫌な思いをしたりしないで済むので、後々に響くような「英語のトラウマ」が出来る心配もありません。

ちょっとだけ自分の設定を変えてみる

タクシーに乗った時や、ちょっとカフェでお店のスタッフや隣の席に座った人とおしゃべりする時など、ちょっとだけ自分の設定を変えてからおしゃべりをするようにしましょう。

タモリさんはタクシーに乗った時は全然別の職業の人になりすましておしゃべりをするのを楽しんでいるらしいですが、その感覚に近いです。

自分の話ばかりをしていると、その内容は毎回同じなので、あまり英会話の練習にはなりません。

でも、別の設定でおしゃべりをすると、普段の自分とは違う話をしないといけないので、話す内容に幅が出てそれが英会話の良い練習になります。

しかも、自分の話をしていないので、必要以上に自分の素性を明かさずに済むので、ある意味において防犯にも繋がります。

海外は日本と比べて治安が悪いことのほうが多いので、おしゃべりを楽しみながら自分の個人情報を守るために、「ちょっとだけ自分の設定を変えてから」おしゃべりを楽しんでみてはいかがですか?

ちょっとだけ面倒な事をお願いしてみる

ホテルやレストランなど、旅行中は様々な人と接する機会があります。

スタッフさんが忙しくないようであれば、ちょっとだけ面倒なことをお願いしてみましょう。

例えば、チェックイン時に「出来たら眺めの良い部屋が良いのですが」と言ってみたり、レストランで注文をする時に「今日のおすすめはなんですか?」と聞いたり「エビが苦手なんですが、エビは入っていますか?」など、ちょっとだけ自分の希望を伝える練習をしてみましょう。

こうすることでお店のスタッフの人ともコミュニケーションが取れますし、旅行に関する自分の素直な要望を受け入れられると旅行の満足度もあがります。

もちろん、要望を聞いてもらった時はチップをちょっとだけ追加して感謝の気持ちを伝えることが大切です。

いかがでしたか?海外旅行で英会話を実践するためのテクニックをご紹介しました。

英語は難しいという先入観は捨てて、英語はコミュニケーションツールにすぎないのでどんどん会話を楽しむようにしましょう。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ