海外旅行の危機管理術

海外旅行へ行くと、「日本はつくづく安全な国だ」と実感したりします。

日本では当たり前のように享受している安心安全というのも、海外では当たり前ではないということがほとんど。

安全な日本での常識は、海外では通用しません。

海外旅行をする時は、万が一の時に備えて、危機管理をしっかりとしておくことが必要になります。

危険なエリアを調べておく

海外旅行中の危機管理術において、一番の基本となるのが、「事前に危険なエリアを調べておく」ということです。危険な目にあわないためには、危険なエリアに足を踏み入れないのが鉄則。

そのために、日本にいるうちからガイドブックを読み込んだりネットで情報検索をしたりして、危険な場所をしっかりとチェックしておきましょう。

更に、現地へ着いてからは空港のインフォメーションスタッフや交番、ホテルの従業員などにヒアリングをして、情報をアップデートすることをおすすめします。

相手から話しかけてきたら注意する

海外では旅行客を対象にした犯罪をする人が多くいます。

そうした人達から危害を加えられないようにするには、「相手から話しかけられたら注意する」という癖をつけましょう。

話しかけてくる人は何らかの目的を持っていることが多いものです。

貴重品を盗まれるかもしれませんし、何かを売りつけられるかもしれません。

基本的に、海外では「相手から話しかけられたら注意する」というくらい自意識過剰でいることが危機管理となることを忘れないようにしましょう。

気を抜かない

日本にいる時のように、気を抜いた状態で海外にいると様々な危険に巻き込まれるリスクが高まります。

バッグはしっかりと抱えて持つようにしたり、外でガイドブックを開かないようにしたり、荷物や貴重品から目を離さないようにしたり、しっかりと自分自身と自分の荷物に意識を向けるようにしましょう。

現地のファッションに合わせる

海外旅行において狙われるのは、見た目からして「ザ・観光客」という風貌な人です。

海外旅行客ではなく現地の住民と思われるようなファッションに合わせて、現地の風景に溶け込むようにしましょう。

現地に到着したら、ちょっと人間観察をしてみて、現地のショップで洋服を身長して現地のファッションを楽しむと、買い物の楽しみに加えて安全という見えないものもゲット出来ます。

夜10時以降の外出は控える

日本では深夜に一人歩きをしても特に問題にならないことが多いです。ですが、海外の治安は日本と違うため、基本的に夜10時以降の外出は控えるようにするのが無難です。

海外では夜に出歩くとその分、危険と隣り合わせになってしまいます。

夜10時以降はホテルでゆっくりと旅の疲れを癒すようにしましょう。

無理をしない

食べ慣れていないものを食べたり、疲れているのに強行スケジュールにしてみたり、普段やらないようなやんちゃな行動を取ってみたりと、海外で無理をしすぎるのは危険です。

一つ一つの行動で、「これは危険じゃないかな」と自分を客観視して、無理をしすぎないように気をつけましょう。

海外旅行を楽しいものにするには、安心安全であるということは必須です。

海外旅行では危機管理をしっかりとして、安心安全を確保した上で旅行を楽しむようにしましょう。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ