海外旅行にはクレジットカードがあると便利

海外は日本以上にクレジットカード文化です。

日本では3000円以下の小額決済や、老舗レストランなどでの決済など、クレジットカードが使えない場合が多かったりしますが、海外ではほとんどのものがクレジットカード決済出来ますし、クレジットカード決済が歓迎されたりします。

海外旅行を楽しむにはクレジットカードは必須です。

海外旅行でのクレジットカード利用にまつわる「あるある」を纏めてみたので、是非参考にしてみてください。

地下鉄の切符もクレジットカードで買える

海外では地下鉄など公共交通機関の切符もクレジットカードで決済出来ます。

海外のお金は、紙幣は分かってもコインはなかなか覚えられなかったりするし、コインはジャラジャラして邪魔になるので、切符もクレジットカードで購入出来ると便利ですよね。

金額が大きい決済に現金を使うと嫌な顔をされる

海外で金額が大きい決済に現金を使うと、嫌な顔をされることがあります。

100ドル札などの高額紙幣を使って現金決済をしようとすると、使えることは使えるのですが、紙幣をまじまじと見られて怪しまれたり、嫌な顔をされたりします。

海外では偽札が横行しているという事情もあるし、それがクレジットカード決済に拍車をかけているという事情もあるので、出来るだけクレジットカード決済をするとスムーズです。

VISAとMASTERの2枚持ちが安心

クレジットカードにも各種ブランドがあり、お店によっては使えるブランドと使えないブランドがあります。

AMERICAN EXPRESSは手数料が掛かるので敬遠するお店があり使えないこともあるのですが、VISAかMASTERを持っていればほとんどのお店が大丈夫です。

VISAとMASTERを2枚持ちしておけば、安心です。

クレジットカードのステイタスが信用の証に

自分で航空券とホテルを手配した場合など、ホテルは現地で自分で決済することになります。

その際、チェックインの時にクレジットカードを見せてカード番号を控えられることもあるのですが、ゴールドカードやプラチナカードを見せると対応が良くなったりします。

海外ではクレジットカードのステイタスが信用の証になる場合もあるということを頭に入れておくと良いかもしれません。

クレジットカードの為替レート

クレジットカードで決済した場合に気になるのが、どの時点での為替レートを適用されるかということだったりしますよね。

国際ブランドのVISAかMASTERなどは、カード利用した日の為替レートではなく、カード利用代金のデータが決済センターに届いた日(換算日)のレートによって決済処理を行うのが通常です。

大きな買い物をすればその分為替の影響も大きいので、自分が使っているクレジットカード会社がどの時点での為替レートが適用するのかは事前に知っておいたほうが良いですね。

クレジットカード明細で支出をチェック

海外旅行へ行くと、ついついお金を使いすぎてしまうという人も多いようです。

現金だと、「いつの間にかなくなってる」とか「何に使ったかが分からない」という使用不明金が発生してしまいますが、クレジットカード決済にすると後から利用明細が届くのでしっかりと支出を把握することが出来ます。

海外旅行ではチップや小額の買い物は現金に、それ以外はクレジットカードに、というようなルールを設けて、クレジットカードを活用して支出チェックをしっかりするようにしましょう。

海外旅行を最大限楽しむには、クレジットカードの利用は欠かせません。まだクレジットカードを持っていない人は、海外旅行前に加入しておくことをおすすめします。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ