海外旅行保険は加入すべき!

海外旅行へ行く時に、海外旅行保険に入るべきか否かで迷う人は多いようです。

「保険はよくわからないから」と言って加入しなかったり、「私は大丈夫!」と根拠のない自信で加入しなかったりする人が多いのですが、万が一の時に備えて海外旅行保険は必ず入っておくようにしましょう。

海外旅行保険に入るべき理由

海外旅行中に、事故にあったり病気になってしまったり盗難にあってしまったりといったことが起こらない可能性はゼロではありません。

海外は日本と違って、医療費が高かったり、自己責任という概念が強かったりして、日本ほど個人を守ってくれる訳ではありません。

後から海外旅行保険に入っておけば良かったと後悔しないためにも、海外旅行へ行くのであれば必ず海外旅行保険に入っておきましょう。

保険とは万が一の時のリスクに備えて安心や補償を買うもの。

海外旅行保険に入っていなかったがために何千万、何百万の出費が掛ってしまうよりも、海外旅行保険に数千円払って結果何も起こらなかったというほうが失うものは圧倒的に少ないですよね。

クレジットカードの海外旅行保険で十分かどうか

最近のクレジットカードは海外旅行保険が自動的に付帯されているものも多いようです。

ただし、カードの種類によっては、「ツアー代金や航空券をクレジットカードで決済した場合に、海外旅行保険が付帯される」という条件付きの場合があったり、補償内容や補償金額が足りないものもあったりするので、必ず自分が使っているクレジットカードの海外旅行保険の内容を事前にチェックしておきましょう。

一般的に言うと、クレジットカード自動付帯型の海外旅行保険ではカバーしきれない部分が多いので、海外旅行保険が自動付帯されるクレジットカードを2枚持ちしたり、別途海外旅行保険に加入することをおすすめします。

海外旅行保険のカバー範囲 ・傷害治療費用

交通事故や怪我などの場合に治療に掛った費用を補償するものです。

  • 疾病治療費用|病気になった場合の治療費を補償するものです。
  • 疾病死亡/後遺傷害|病気が原因で死亡した場合、後遺傷害が残った場合に保険料が支払われます。
  • 傷害死亡/後遺傷害|怪我が原因で死亡した場合、後遺傷害が残った場合に保険料が支払われます。
  • 賠償責任|誤って人を怪我させてしまったり、物品に損害を与えてしまった場合に保険料が支払われます。
  • 救援者費用|旅行中に怪我や病気で入院した場合など、日本から親族などが現地に向かうための交通費と滞在費が補償されます。
  • 携行品損害|携行品が盗難にあったり破損されたりした場合に損害額が補償されます。
  • 手荷物遅延費用/渡航便遅延費用|手荷物の到着が遅れて身の回りのものを購入した場合にその費用が補償され、航空機が遅延や欠航などで代替機を利用できない場合に発生する宿泊費や食事代などの費用が補償されます。
海外旅行保険がカバーしている内容とその金額をしっかりと読んで、十分な補償内容だなと納得できる保険を選ぶことが大切です。

保険は何かトラブルがあって初めてそのありがたみが分かるものと言われます。

万が一の時に備えて、十分な補償を受けることが出来る海外旅行保険には必ず入っておきましょう。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ