海外旅行に持って行くべきものリスト

海外旅行を最大限に楽しむには、持って行く荷物の正しい選別が必要です。

荷物を持って行きすぎると、結局使いもしないような無駄なものを苦労して持ち運びしただけになります。

また、荷物を持って行かなさすぎると、不慣れな土地で不自由な思いをすることになってしまいます。

海外旅行に持って行く荷物は過不足がないように、しっかりと事前にプランニングしておきましょう。

海外旅行に持って行くべきものの最小限のリスト+αをまとめてみたので、是非参考にしてみてください。

パスポート、ビザ、海外旅行保険保険証

まずは絶対に忘れてはいけない各種証明書です。

パスポートは期限が切れていないかをしっかり確認し、渡航先によってはビザが必要な場合もあるのでこちらもしっかり確認しておきましょう。

また、クレジットカードの付帯保険だけでは心もとないので、別途海外旅行保険に加入しておくのをおすすめします。

航空券

ツアーで申し込んだ場合は空港での受け渡しになることが多いのですが、自分で手配した場合などは行き帰りの航空券を忘れずに持っていくようにしましょう。

現金とクレジットカード

海外はクレジット決済がメジャーなので、クレジットカードを持って行くと非常に便利です。

現金は3万円~5万円くらいを予め日本の空港で両替しておきましょう。

洗顔やバスグッズ、化粧品など

現地でも手に入るものですが、海外製品は日本人の肌には合わないことも多いので、使い慣れたものを持って行くと安心です。

常備薬は必ず持って行くようにしましょう。

風邪ひいてしまった場合、お腹が痛くなってしまった場合、葉が痛くなってしまった場合などに備えて、数種類をピルケースに入れて持って行き、万が一の時に備えておきましょう。

洋服

旅行日数や旅行予定先に合わせて着替えやルームウェア、フォーマルウェアを用意しておきましょう。

寒暖の差に備えて、羽織物なども用意しておくと快適に過ごすことが出来ます。

携帯電話

ちょっとした電話やメール、調べものなどに携帯電話があると便利です。

旅行前に必ず、海外先でも使えるのかどうか設定変更が必要なのかどうかを調べておきましょう。

ガイドブック

旅行を最大限に楽しむには事前の予習が必須です。

現地では日本語で書かれたガイドブックを見つけるのは大変なので必ず日本から持っていくようにしましょう。

ウェットティッシュ、除菌シート

海外は日本と比べると衛生面で若干劣る場合が多いです。

ウェットティッシュや除菌シートなど、清潔に過ごすためのグッズを日本から持って行くとかなり安心です。

入浴剤やアロマオイルなど

旅の疲れは、その日のうちに解消するのが鉄則です。

お風呂に入る時の入浴剤や、ホテルを快適に過ごすためのアロマオイルやお香などを持っていくと、ホテルでしっかりと疲れを癒すことが出来ますよ。

梅干し、カップの味噌汁

ちょっと疲れたなという時に効果を発揮するのが、日本古来の食べ物。小分けになった梅干しや、カプの味噌汁などを持っていくと、現地の食事に飽きた時や疲労を感じた時などのパワーチャージになります。

以上が、海外旅行を快適に楽しむための過不足ない手荷物リストです。

荷物は最小限にまとめて、身軽に海外旅行を楽しむようにしましょう。

海外旅行は現地でも買い物も楽しみの一つなので、何か足りなくなったら現地で調達すれば大丈夫ですよ。

海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?

このページの先頭へ