海外旅行での買い物に関するみんなの口コミ・経験談など

海外旅行 3月の初めに海外旅行で買い物三昧なんていかがでしょうか。年末年始には世界中どこの国でもセールをしていますが、人がごった返していてゆっくり見れなかったり、入場制限があったりと、スムーズに見れず疲れてしまいます。ところが、3月初めは、人も少なく、ゆったりショッピングが出来、最終値下げで価格もかなり下がっている為、掘り出し物が見つかるかもしれません。また、南半球のオセアニアに行けば、日本が冬から春になろうとしている時に、夏物のセールが行われている為、今年暖かくなってから着れるアイテムを先取りして買えてしまいます。

買い物も海外旅行の楽しみの一つです。特に、お土産を何を買うか悩むのは楽しいでしょう。また有名ブランドを購入する人も多いはずです。しかし注意しないと、偽物や偽ブランドを購入する事になってしまうかも知れません。また、高価な買い物をしたら、直ぐに宿に戻るのが良いです。それを狙った犯罪者もいるので、購入後も最後まで注意が必要です。日本ではないという認識が、何よりも重要なのです。

海外旅行の楽しみのひとつが買い物ですが、お土産となるとまた別かもしれません。買い物といっても、人から頼まれたものを買わなければならなくて、大変な思いをしたことがあります。また、お土産を探す同行の友人につきあって、貴重な旅行先の時間を多大に土産選びに費やしたことも。買い物ツアーにしたいのか、旅行の目的は何かしっかり意識して、最低限の土産選びは効率的に済ませるなどの工夫が必要です。

海外旅行の際、楽しみの一つは買い物です。これまでに自分が海外旅行先で購入した一番のお気に入りはタイのフィッシャーマンパンツです。サイズの大きなパンツを腰に巻きつけるようにしてはくパンツで、想像以上におしゃれなものでした。価格も約1000円と非常に安く、満足しています。このように高価なものではなくても思わぬところで気に入ったものに出会うのが、海外での買い物の面白さです。

女性なら海外旅行先での買い物はすごくテンションがあがる出来事ではないでしょうか。服やバッグ、化粧品などもそうなんですが、私が一番海外で買い物をしていて興奮したのは、チョコレートを買ったとき。ベルギーでものすごく好みな味のチョコレートを見つけて、お土産用と自分用に大量に買い込んでしまいました。日本に送るのはちょっと面倒だったりもしましたが、今でも大満足している買い物です。

海外旅行での買い物で、私が一番のめり込んだ国はインドでした。まずはスパイスです。シナモン、カルダモン、レッドペッパー、ブラックペッパー、クローブ、コリアンダー…。カレー作りが趣味ですから、手当たり次第大量に買い込んだものです。さらには紅茶です。ダージリンやニルギリ、アッサムといった世界に名立たる紅茶産地はインドにあります。紅茶を水代わりに飲む私からすれば桃源郷のような国です。とりわけダージリンの品揃えときたら、日本ではお目にかかれないくらい壮観で、有名茶園からマイナー茶園まで、これまた大量に買い込んでしまいました。あれから随分経ちますが、日本でスパイスや紅茶を買うたびに、インドが恋しくなってしかたありません。

海外旅行の楽しみの一つに買い物があります。現地で見つけた素敵な物を手に入れれば、ずっと想い出の品になるかもしれません。またお土産を購入する人も多いでしょう。買い物エリアのような場所があれば、そこでまとめてお土産を購入するのも一つの方法です。もしも、現地でお土産の買い物に煩わされたくない場合は、事前に通販などで買い物を済ませておくこともできますので利用すると良いでしょう。

観光地で買い物をしているとやはり観光客相手ですので法外な価格をふっかけられたりもしますがある程度の英語力がある方は、臆せずに交渉してみると案外その勢いに押されて価格をまけてくれることも結構あります。とはいうものの、ある程度は思い出代として許容するのがベストでしょう。結局そのような話も帰ってくれば話のタネなるからです。どうしても損をしたくないという場合、大手のチェーン店や免税店などを利用するのが便利です。

海外での買い物は、せっかく来たのだから何かを買って行きたいと思う方も多いと思います。海外での買い物のメリットは、やはり現地でしか買えないものを買うことができることでしょう。ですが、最近では日本国内の大手は百貨店などでも、海外の品物を取り扱っていることが多いので、買い物が目的でないならば、そこまで拘る必要がないのではないかと思います。また、旅行会社によっては、カタログなどももらえるので、輸送費などはかかりますが、そうしたツールを使ってみるのもいいのではないかと思います。

旅行に行ったらやっぱり買い物は外せませんよね。私のオススメは、モロッコのマラケシュのスークとトルコのイスタンブールのバザールです。品数がたくさんあり、迷路のようなので迷ってしまいますが、見ているだけで楽しめます。値段交渉が面倒ではありますが、この2カ国の雑貨は本当に可愛いので、女性は一日中入りびたれると思います。小さいお店に意外な掘り出し物があったりします。

日本人で良かったなと思う瞬間ですね。貨幣の違いから物価の安い国へ行くと日本は考えられないくらいの安値で買い物が出来ちゃったりします。タイ、ベトナム、南米などなど。女性だったら洋服、化粧品が外せませんね。でもたまに日本人だとわかっている場合、高額の値段を要求されることもありますので気をつけてくださいね。あと日本に持ち込んではいけない生ものの食べ物なんかもありますので、空港に引っかからないように気をつけましょう。

海外での買い物は高価な物ではなくても楽しいものです。夕食を取りに外に出るのがおっくうな時、近くのスーパーで缶詰とパンを買って来て食べた、というのが意外に思い出に残ったりしますし、日本にない物を見たり、日本のお菓子で名前を買えて売られているものを発見したりするのもおもしろいです。ただ、滞在時間が短いと、現地の通貨に慣れないうちに帰国の日を迎える、ということもありますが。不思議なことはこの時残ったコインなどを日本で使う財布に入れっぱなしにしていると、いつの間にやらなくなっていることです。日本での買い物で知らないうちに支払っているのでしょうか…。

海外旅行へ行ったら、土産物を買わない人はいないでしょう。そこで気になるのは値段です。高く売りつけられているんじゃないかと気になる方もいるでしょう。しかし日本でもそうですが、観光地の土産物なんて高くて当たり前。せっかくの海外旅行なんですし、もうそこは織り込み済みにしてしまって、気にせず買ってしまいましょう。ケチケチした海外旅行なんて楽しくないですからね。

海外旅行先の買い物について、ツアーなどで店に連れて行かれることが多い。そういうところは高くてあまり良くないものであることも多いため、旅行先で欲しいものがあればガイドブックなどを見て店と場所を調べておこう。ツアーであってもドライバー等に話せば連れて行ってくれることもある。また、おみやげ等も空港で買うと高いため、荷物になったとしても見つけたらその場で買っておいたほうが簡単で安く済むということもある。

買い物本当に大好きです。実用的なものから、これどうやって使うの?という、行った記念でしかないものまでたくさん買います!!お土産は変わったものをあげようと思うのも分かりますが、食品が無難かなぁと思います。自分へのお土産は何でもいいですが、そこに行った人しか良さが分からないものになってしますことが多いので、ガイドブックに載っているこの国といえばコレ!というものを買うようにしています。

海外での買い物って金銭感覚がわからなくなること多いです。コツは日本円で考えるとどのくらいの価値かな?というのをすぐにわかるようにする事です。その為には現地の値段を瞬時に日本円に直す作業が必要です。例えばベトナムで10000ドンだったらゼロ2つ取って半分にすると日本円になる(50円)マレーシアで50リンギットだったらゼロ1つ足して3倍にすると日本円になる(1500円)こんな感じだと良い。

おすすめコンテンツ
海外 旅行 英語(海外旅行が決まりあたふたしているあなたがまずすべきこととは…)

このページの先頭へ