海外旅行でのカフェ・レストランに関するみんなの口コミ・経験談など

北米への海外旅行ではカフェ・レストランでチップを払う習慣があるのはご存知でしょう。このチップ制度、慣れていないと計算や出し方がわからずもやもやしてしまいかねません。少なすぎて店員から嫌な顔をされてしまうこともあります。北米ではチップはお会計の10~15%程が一般的なようで、出し方としてはチップを含めて支払いし、“おつりはいりますか?”“と聞かれた際に”“NO”と言ってスマートにお渡しするか、おつり用カートンに残していくのが良いでしょう。

有名なカフェ・レストランで食事をするのを、海外旅行の楽しみにしている人が多いでしょう。私もその一人で、現地での観光よりも食事がメインにしていました。特にヨーロッパのフランスやイタリアなどは美味しい店が多いので、下準備をしてから希望の店に出かける事が大事です。その際には、行き方が重要なので、乗り降りの駅や住所等を事前に調べてスムーズに行動できるようにしておきましょう。現地で調べると、意外に時間がかかってしまうものです。

昔は海外旅行の前カフェ・レストランの情報を調べるのに、ガイドブックが頼りでした。でも今はネット上に海外カフェ・レストランの情報があふれています。結構よくチェックするのは、個人ブロガーのページです。詳細で具体的な情報を載せてくれているブログがあるので、海外旅行前の頼もしい味方です。ガイドブックは意外と情報が不正確で古いこともあるので、多方面からの情報チェックが無難です。

海外旅行の楽しみの一つはおしゃれなカフェ・レストランで優雅な時間を過ごすというものでしょう。自分は以前にバックパッカーのような旅行をしたことがあります。このときにスターバックスでコーヒーを飲み、インターネットを使用するのが大きな楽しみでした。スターバックスはバックパッカーが集まるような東南アジアにもあることが多いために、おすすめできるカフェの一つです。

海外旅行に行く楽しみといえば食事ですが、海外でカフェ・レストランなどに入るときはなぜか少し緊張します。特にヨーロッパだとナイフとフォークのマナーに厳しそうというか、綺麗に食べられないと日本人として恥ずかしいのではないかと考えてしまって……。でもヨーロッパのカフェやレストランではコーヒーがすごくおいしいことが多くて、コーヒー党の私としては嬉しいです。

海外旅行の楽しみといえば食事。有名なレストランなら日本から予約しておきましょう。でも、慣れない英語で予約するのは面倒ですよね。英語が通じないレストランだって当然ありますし…。そんなときは、何の予定も立てず気が向いたレストランにふらっと入りましょう。レストランの良し悪しを見極めるコツは日本と同じ。そこが地元の人で賑わっているようなら大丈夫です。私の経験上、ガイドブックにも載っていないようなレストランに入ると、物珍しさからか、たいてい好意的に迎えてくれます。ローカルレストランの気さくな雰囲気と気取らない味が、私は大好きです。

海外旅行に行ったら、その土地ならではのカフェ・レストランを利用するのもまた楽しみの一つです。世界展開をしているファストフードなども、日本とはメニューなどが違うことも多くあり、こういった発見をするのも面白いかもしれません。海外にはおしゃれなカフェ・レストランもたくさんありますので、是非立ち寄ってみたいものです。特にレストランではドレスコードがある場合もあるので、事前にチェックをしておきましょう。

海外旅行に限らず、観光地のレストランやバーなどは価格が俗に言う観光地価格なのが泣き所です。また観光客向けのサービスや味付けがされているだと、どうしてもその地域そのものの雰囲気を味わうことは難しいと思います。特に節約したい場合は安い店に行きたいわけですがその場合やはり現地に前もって知人を作っておくのが一番でしょう。twitterなどで現地の人に事前にコンタクトをとり、色々な現地の人から見た話を聞くのも有効な手段です。

海外のカフェやレストランで一息。とても優雅ですよね。自分でも、なんだか素敵な休暇を過ごしているかのような感覚になります。ですが、基本的に海外のカフェやレストランであれば、語学ができないと定員とコミュニケーションを取るのが困難になります。場所によっては、英語が通じないところもあります。そういうときは、語学以外で意思表示したり、旅行用の単語本を持っていって、それを見ながらしゃべるなどの対応が必要になります。語学の必要さを痛感することになると思います。

ずっと疑問に思っているのですが、欧米の方はどうしてあんなにオープン席が大好きなのでしょうか。カフェでもレストランでも、こぞって外の席に行きたがります。どんなに暑くても寒くても。日本だと外がおしゃれなイメージですが、海外だと本当に外が好きみたいなんです。ちなみに海外で飲食店やその他ショップ等に入る場合は、こちら側から挨拶をしましょう。挨拶をするかしないかで接客の態度が変わります。

一番冒険できるのがこのカフェ・レストランじゃないでしょうか?言葉が通じない所でしたらなおさらです。美味しものを食べたいですがメニューを見ても何がなんだかわからない!よって何が出て来るかわからない!なんてよくあることですね。それでも現地のカフェ・レストランでそこの現地の人が食べてるものを味わってみたい。と言いつつ、筆者がフランスに行った時は知っている方がやっぱり安心と、マクドナルドに入ってしまいました。ああ情けない情けない。

海外での食事は旅の大きな楽しみの1つです。できれば事前にネット等で情報を仕入れるか、滞在するホテルのスタッフの方に聞いてみるのがいいと思います。また、旅の楽しみ方として、滞在中何度も同じカフェに通うのも楽しいです。お店の人に顔を覚えてもらえたり、〝このメニューは昨日試したから今日はこっち〟という選び方をすると、そこになじんだ人のように振る舞えて、観光客としてより一層その国に愛着がわくことでしょう。

海外において旅行者向けの良いレストランやカフェを見つけたければ、トリップアドバイザーなどの口コミサイトが参考になる。もしくはホテルの受付や信頼できるガイドに聞いたりしてもいい場所を教えてもらえるだろう。とにかく安くて美味しい場所が知りたければ、現地の人が集まっている場所に飛び込んでみよう。注文などに苦労するかもしれないが、それこそが旅行の楽しみだと言える。口コミサイトにもガイドブックにも載っていない、ローカルの穴場を見つけよう。

カフェやレストランはなかなか選ぶのが大変だと思います。女子旅、家族旅行いろいろあると思いますが、日本から買っていったガイドブックだけでなく、案内所に置いてある優待券やクレジットカードの優待パンフレットを見て決めるのもおすすめです。かなりお得に食べられる場合があります!!もちろん有名なお店もおいしいですが現地料理のチェーン店も安いのでおすすめです。(日本でいう回転ずしみたいなところ)

海外旅行での楽しみはグルメですね。その国のレストランやカフェ情報って行く前から気になります。レストランに関してはチップの有無とシステムの違いを把握しておくとだいぶスムーズにいきます。事前情報がない場合にはしばらく遠目から客を観察しておくのも有効です。声は聴こえなくてもシステムは大抵それでわかります。あとカフェ情報は重要、海外はトイレが極端に少なく、有料だったりも多いから。

おすすめコンテンツ
海外 旅行 英語(海外旅行が決まりあたふたしているあなたがまずすべきこととは…)

このページの先頭へ