パスポートに関するみんなの口コミ・経験談など

海外旅行に行く前に必ずパスポートの有効期限に注意しましょう。たとえ旅行期間には有効であっても、パスポートの残存が半年以上残ってないと入国が出来ないという厳しいルールがある国もあります。ツアーでなく、個人手配で行く旅行では、出発前に必ず、入国審査で何が必要なのかを確認しておきましょう。航空券を買って、VISAの申請をしてもパスポートの有効期限がなければ入国すらできないなんてことになりかねません!また、パスポートは肌身離さず持ち歩きましょう。お勧めは首から下げて服の中にしまったり、腹巻にポケットを付けてその中に入れておくと安全です!

何と言っても海外旅行の必需品はパスポートです。大事な身分証明書であり、これがないと日本から出ることはできません。しかし大事なのは、旅行先の現地で無くしてしまった場合です。その時は、日本大使館に行かないと行けません。そこで、再発行の手続きがあります。手続きは意外に大変で面倒なので、楽しい旅行が台無しになってしまうので、必ず紛失しないよう大事に保管をしておきましょう。

海外旅行で何より大切と言われるのが、パスポートです。そのため万一の紛失などに備えてパスポートのコピーもいつも持って行くようにしています。本物はホテルの貸し金庫に入れておき、出かけるときにはコピーを持ち歩くようにすれば、安全です。ただ、パスポートを求められる場面で、コピーでは不可ということで一旦ホテルにパスポートを取りに戻ったということもありました。

海外旅行する際にパスポートは必ず持って行かなければならないものです。パスポートの有効期限は作成から10年のものと、5年のものとが存在します。そのためこの期間内であれば海外旅行を行うことができます。しかし注意しなければならないことがあります。パスポートの有効期限が半年以上のものでなければ入国できないところがあるのです。そのため有効期限だけではなく、旅行予定の国がパスポートに関してどのような規定を設けているかを調べる必要があります。

海外旅行に行くためにはパスポートが必須ですが、意外ととるのを忘れていたり、気づくと有効期限が切れていたりするんですよね。私も高校の修学旅行のときに海外へ行くためにパスポートを取りましたが、結婚5周年の記念に夫と海外旅行に行こうとしたら期限がとっくに切れていて、あわや旅行中止にという事態になりかけました。あまり海外へ行かない人は念入りにチェックしておくべきですね。

海外旅行で悩ましいことと言えば、パスポートの持ち歩き方。海外ではパスポートが命綱ですから、失くしたり盗難されたりしないよう、しっかり管理しなければなりません。そこで生み出された定番の持ち方が腹巻きタイプのセキュリティーポーチです。私のおすすめはモンベルの商品です。アウトドアのブランドらしく、他社のものより丈夫で丁寧な作りになっていると思います。それに、メッシュ製なので夏でも蒸れにくいのが好印象。腹巻きの購入を考えている人は是非試してみてください。

パスポートは申請してから発行までに時間がかかってしまうことがあります。また、パスポートの期限が海外旅行の途中で切れてしまうこともあります。早めに新規作成や更新をするようにしましょう。また、パスポートは海外旅行で命の次に大切なものです。かばんなどに入れておくよりも、お腹など身体に密着させておいたほうが、より安全です。無くさないように十分に気をつけたいものです。

よく言われる話ですが、イスラエルに渡航される方はパスポートの判子に注意したほうがいいと思います。ヨーロッパやその他の国で使用する場合は問題ありませんが、エジプトなどのアラブ圏に入国する場合、イスラエルへの入国の前歴があると入国が拒否される場合があるからです。パスポートを二つ用意しておくなどの対策をしておくと安心です。

海外旅行に行くには、予めパスポートを申請しておく必要があります。パスポートは、基本的に自分の住んでいる自治体のホームページを確認すればわかると思います。また、パスポートの申請し、実際に受け取るまでには多少時間がかかります。ですので、海外に行きたいと思ったら、すぐにパスポートを申請しましょう。特に、パスポートセンターは、平日にしか動いてないことが多いので、社会人の方の場合は、多少苦労するかも知れません。個人的には、大学生時代に申請し、獲得しておくことをおすすめします。

パスポートの写真は特に女性は気になる方が多いのではないでしょうか?最初のパスポートの写真は目に光が入っているからということで、近くの写真展で撮り直したのですが、自分で写真のチェックができなかったので、すごく不細工でした。このことがあり、2冊目のパスポートの際は、気合が入りすぎた写真を使ってしまい、すっぴん眼鏡でイミグレーションを通ると、顔が違うと疑われることが多くなってしまいました。

パスポートは余裕をもって申請しましょう。結構時間がかかりますし。あと、有効期限も気をつけたいですね。あるていど有効期限が残っていないと海外に出られないということもあります。最初は5年のものしか申し込めなかったと思いますが、次から10年OKだったと思います。10年だと楽ですが写真の自分が嫌になるとちょっと苦痛になったりもしますが。あとは旅先で何があるか分からないので盗難防止でお腹の中に入れたりと気をつけましょう!

パスポートを持ち歩く時、どのようにして持ち歩くか悩みどころです。お店に行けばパスポートケースなるものもありますが、かさばって邪魔に感じます。今まで10か国以上の海外旅行の経験上、持っている荷物を取られる心配のない国では日本を歩く時財布を入れるような鞄に入れて歩き、取られることがありそうな国では昔ながらの腹巻式のポケットに忍ばせて歩くのがいいとわかりました。

海外旅行に必須なものといえばパスポートです。パスポートを取得するにはまず住民登録している都道府県の旅券窓口に行きます。場所は外務省ホームページのパスポート申請先都道府県ホームページへのリンク(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html)から探すことができます。窓口で必要な書類は戸籍謄本、住民票、本人確認のための書類、パスポート用の写真、一般旅券発給申請書(各都道府県の旅券発給窓口や旅行会社で入手)の5つです。戸籍謄本と住民票は6か月以内のものになります。

海外旅行でパスポートをなくすと大使館へ行って再発行したりかなり大変な手続きが必要となる。基本的に、パスポートをなくすような人は海外旅行に行くべきではない。普段よく財布や携帯といった身の回りの貴重品をなくすという人は、やはり海外旅行には向いていない。それでもどうしても旅行したければ付き添う人に管理を頼むか、旅行先でものすごく注意した方がいい。

パスポートは、入国・出国審査の時にケースから出さなくてはいけません。だから、100均などで売っているパスポートだけが入るケースはお勧めしません。非常に取り出しにくく面倒です。オススメはパスポートより一回り大きくて、航空券やeチケットボールペンを入れておけるポケットがついたものです。最近はネットなどでかわいいものがたくさん出ているので、お気に入りのものを探してみてください!それだけでテンションが上がります。

日本のパスポートを持っていると結構いい事多かったです。アジアでもヨーロッパでもパスポートを見て日本人とわかるとなんだか対応がいいって事多いです。さっきまで無愛想に仕事していた人が凄く笑顔でカタコトの日本語喋ってきたりする。あと検査がすごく簡単になってくれる事も多々ありました。実際空港で並んでいるとジャパニーズ?と言われてYesと言うと先に通してくれたりと何回もありました。

おすすめコンテンツ
海外 旅行 英語(海外旅行が決まりあたふたしているあなたがまずすべきこととは…)

このページの先頭へ