格安航空会社に関するみんなの口コミ・経験談など

海外旅行で利用した格安航空会社と言えばオーストラリアのジェットスター航空。最近では日本にも進出しましたが、利用する前に気を付けておきたいことがいくつかあります。まずアライアンスに加盟している航空会社と違い、預け荷物にお金がかかる点、機内食やブランケット等当たり前のようにレンタル出来る物も格安航空会社では有料です。また、3度程しか利用した経験はありませんが、格安航空会社の機内は異常な程寒いです。(小さな飛行機だったからでしょうか…)あくまで噂ですが、ブランケットや温かい飲み物の需要を促す為に寒くしていると小耳に挟んだ為、上着は必ず持参しましょう。

海外旅行は格安航空会社により、旅行料金が大きく違ってきます。もちろん、機内のサービスなどでは差がありますが、目的を現地についてからの観光や買い物だと割り切れば、移動の料金を少しでも安くするのは賢い方法だと言えます。また、最近ではLCCやスカイマークなど多くの会社が参入しているので、サービスの質も向上と改善し、問題がないとも言えます。普段は利用しない人も、一度は経験をしてみるのも良いでしょう。

今や格安航空会社は旅行の強い味方ですが、海外旅行でも同様です。格安航空会社を使った旅行を考えるなら、ネットが欠かせません。格安航空会社のサイトはもちろんのこと、いろいろなツアーを集めて比較検討できるサイトに、格安航空会社を利用したツアーが登場します。街中の大手旅行代理店のパンフレットなどに掲載されているのは、従来型の航空会社利用のツアーなので、格安航空会社の検索はネットが最適です。

海外旅行する際におすすめできる格安航空会社はエア・アジアです。マレーシアに本拠地を置くこの航空会社は外国への便が充実しています。またマレーシアのクアラルンプールから外国に向かう便がたくさんあるために、クアラルンプールでトランジットし、そこから他の国へ飛び立つという方法もチョイスできます。価格、そして便利さの点でエア・アジアはおすすめでできる航空会社です。

今海外旅行に行くのなら、格安航空会社は使ってみたいですよね。普段からあまり飛行機は好きではないのですが、その理由がやっぱり高価さ。フェリーなどを使うよりはずいぶん早くつくので我慢しなければならないのですが、安く済むのならそっちの方が良いなと思います。格安航空会社だからといって飛行機の性能は変わらないはずですし、次に海外旅行へ行く時はチャレンジしたいです。

アジア方面に強い格安航空会社と言えば中国東方航空です。スカイスキャナーなどの格安航空券比較サイトで調べてみても、中国東方航空の安さは際立っています。ネットではあまり評判が良くないのですが、実際に利用してみると、案外に普通の航空会社であることが分かります。LCCより安いのに、LCCよりサービスが良いのですから、もっと評価されてしかるべき航空会社だと思います。もっとも、安い分、二度三度の乗り継ぎは当たり前ですので、体力がある節約派にしかオススメできませんが…。

最近は格安航空会社が多くなってきています。サービスは少なくなっているかもしれませんが、その分、今までよりも手軽に格安で海外旅行に行けるようになりました。海外旅行は安全が第一です。飛行機事故はめったに起こりません。しかし事故があった時は、大惨事を招いてしまいます。海外旅行に行く際は、無理のないスケジュールを立てて、安全な渡航を行うようにしましょう。

格安航空会社は国内のような短距離のフライトで利用する分には問題ないのですが海外、しかもアメリカやヨーロッパのような長期のフライトを利用する場合はサービスの質とフライト時間を考慮して一考したほうが良いと思います。やはり長期間のフライトだと狭い機内だと非常にストレスがたまり、その後現地に到着しても、楽しく観光ができない恐れがあるからです。

海外の格安航空会社を使って、旅行にかかる費用は安くするほうがいいと思いますが、旅行会社によっては、定刻通りにフライトしないところもあるので、予め注意が必要です。また、航空会社によっては、ストライキ等に出くわすこともあるので、これについては事前調査が必要です。オススメなのは、日本で運行されているjetstar等のLCCを使うことです。日本の飛行機であれば、多少は安心感もあると思いますし、時々バーゲンセールもやってるので、常にチェックしておきましょう。

最近はLCCの台頭で、海外もより気軽に行けるようになりました。特にアジア圏は、国内旅行感覚で行けてしまいます。アジアだとフライト時間が短いので食事がなくても、さほど問題はないですし、短期旅行であれば荷物も少ないので、荷物の重さをそこまで気にする必要はないです。ただ、やっぱり座席は狭いので男性や体格のいい方は少し辛いかなと思います。また、私が乗った席は非常口の隣だったからか、なぜかリクライニングができませんでした。安いだけあって、やっぱり多少のことは我慢が必要です。

格安航空会社も選び方によってはとてもお得になると思います。私はよく大韓航空を使うのですが、結構いいお値段で飛行機が手配できます。ただ気をつけなくてはいけないのが格安航空会社を選んだがために移動時間がながくなったり、ストップオーバーがあったり、はたまた途中で宿泊しなくてはいけなかったり。一度大韓航空で私のチケットにミスがあり、その日にい日本に帰る筈が一日空港で滞在しなくてはならなくなったことがあります。しかも自費で。結局クレームを出して戻ってきましたが気をつけたいですね。

この頃さらに便数を増やしてきている格安航空会社。うまく活用したいものですが、私が経験した中でいくつか欠点を挙げておきます。1つ目は機内の空調が一般的な航空会社より寒いことがあるということです。気圧の関係で機内は必然的に寒くなります。一般的に空調で温めて快適な温度を保っているわけですが、格安航空会社の機内で空調が十分でなくとても寒い思いをしたことがあります。ブランケットの貸し出しもなく、またあったとしてもしのげる寒さではありませんでした。2つ目は預ける荷物の重量制限が厳しく、オーバーした分は超過料金を取られるということです。ダイビング機材で重い荷物に超過料金を取られることは少なくとも日本の航空会社ではなかったことでした。

海外旅行でネックとなるのが飛行機代。JALやANAなど通常の航空会社を利用するとかなりの金額がかかってしまいます。そんなときにLCC(格安航空会社)です。ただし就航しているのはアジア向けが主で欧米には行けません。HISのサイト(http://www.his-j.com/tyo/air/lcc.htm)を見ると行ける国がわかります。欧米への旅行を計画している人は通常の航空会社を利用しましょう。逆にアジアを希望している人はLCCを検討してみてもいいかもしれません。

LCCについては各航空会社によって様々なルールがあり、ルールに沿わないとペナルティ料金を払わないといけないケースが多い。Ryanairなどは搭乗券を必ず印刷して行く必要があり、それを忘れると罰金になり、全然安くなくなる。また、機内持込以外の荷物はすべて別料金になるため、荷物が多いと高くなる。食事ももちろん別料金で、そういうったものを全て足せば普通の航空会社の値段と変わらなかったという話もあるため、LCCは賢く使おう。

私は一人旅をするので、いつもツアーを使わず格安航空会社を利用しています。そのほうがお得なので!!一口に格安航空といっても、本当にいろいろな会社があります。私は閉所恐怖症なので一通りのサービスがついていて席が狭くない航空会社を選んでいます。荷物の重さなどで料金が追加になるのは仕方がないことですが、事前に対処できることはHPでよく確認してください!座ったときに女性でも前の席に足がついてしまう会社もあるので、そこはしっかり確認しておいたほうがいいポイントです。

おすすめコンテンツ
海外 旅行 英語(海外旅行が決まりあたふたしているあなたがまずすべきこととは…)

このページの先頭へ