海外旅行保険に関するみんなの口コミ・経験談など

海外旅行に行く際に必ず保険は入っておきましょう!

保険はいつも利用する成田空港第1ターミナルにあるAIU保険のカウンターをよく利用をしていますが、とても便利です。

保険に入り忘れた場合でも、各航空会社のチェックインカウンターがある出発階に位置し、短時間で登録可能な為お手軽に契約出来ます。

北ウイングにもあるようで、朝7時~21:00迄営業しています。以前旅行先で携帯電話が盗難にあった際に保険を利用出来ました。

(結局発見された為、手続きのみですが)保険のミニガイドブックの中に入っている届書に盗難にあった際の状況などを細かに書く箇所があり、それを提出することで所定の損害額が支払われるようです。

何が起こるかわからないため、最悪の事態に備え、保険は必ず入っておきましょう!

海外旅行といえば、初心者がまず思うのはハワイやグアムです。次に思い浮かぶのは、アメリカやオーストラリアなどです。

何れにしても、日本にはない独自の文化がある国です。そして何よりも、魅力ある国だと言えます。

これらの国で、思いっきり楽しむ為には、万が一の事を考え海外旅行保険に申し込む事をお勧めします。

その安心感が、より海外旅行を楽しめるようになるはずです。

海外旅行保険は出発当日自宅から出た時点からカバーされるので、前もって加入しておくのがおすすめです。

今は損保ジャパンなどをはじめとしたリーズナブルな保険がネットから加入できるので、比較・検討して割安な保険を選べて便利です。

クレジットカードに自動的に付帯されている海外旅行保険もあるので、クレジットカードを持っている人は重複加入を防ぐため、要チェックです。

ヨーロッパに旅行するときの海外旅行保険でおすすめできるのはau損保です。

保険料が約2800円と安く、それでいて保障がしっかりとしています。契約できるのは3日以上、15日までですので、期間的にも申し分のないものだと思います。

ただし旅行出発日時点で満74歳以下の人が対象となっている海外旅行保険ですので、この年齢を超える人に関しては加入することができませんので、この点は注意が必要です。

海外旅行へ行くのなら海外旅行保険には加入しておいた方が良いようです。

友人がヨーロッパの国を2週間かけてめぐる旅に出ていたとき、現地の食事が合わなかったのかお腹を壊してしまい大変な思いをしたそうです。

薬を買おうにもどれが良いのかわからないし、病院の治療費も日本の5倍から10倍程度かかります。

友人は旅慣れた人だったので油断して海外旅行保険には入っていなかったため、ひたすら腹痛を我慢したそうですよ。

海外に行くなら海外旅行保険は必須ですが、保険会社も保険の内容も多様に複雑で、いったいどれを選べばいいのやら。迷宮に迷い込んだような気分になります。

だから、ここは思い切って、一番大切な治療費補償のことだけを考えましょう。

なぜなら、海外でケガや病気をすると、症状によっては数百万もの治療費を請求されることがあるからです。

あとになって悔やまぬよう、治療費補償が十分なものを選んでおけば安心です。

そこでおすすめなのが、治療費以外の保障はクレジットカードに付帯する海外旅行保険に任せて、治療費補償だけを保険会社でバラ掛けすることです。

こうすれば、保険会社のセットプランに加入するより節約できますし、クレカ付帯の保険の弱点である治療費補償の不十分さをカバーすることもできます。

海外旅行には必ず旅行保険に入っていたほうが良いと思います。

実際に同行者が海外旅行先で体調を崩して病院へ行った時は、本当に保険に入っていて良かったと思いました。

海外旅行先では体調を崩すと非常に不安になってしまうものです。

しかも健康保険が適用にならないので、高額になってしまいます。

万が一のためにも、必ず海外旅行保険に入っていたほうが良いと実感しました。

海外旅行に行くに当たって心配なのがやはり現地で病気や怪我をすることだと思います。

それに対処するための保険が、海外旅行保険なのですが個人で旅行するかたはこれらに加入せずに渡航される方も多いようです。

私もそのような一人で、保険を契約せず海外旅行を行った結果現地でインフルエンザにかかり死に掛けたという苦い経験があります。

これから海外旅行に行く人はしっかりと保険の契約を締結してから旅行されることをおすすめします。

海外旅行に出掛ける際には、必ず前もって保険に入る事を推奨します。海外滞在時に何かトラブル等に見舞われたとしても、保険があれば保証がつきます。

保険の入り方としては、日本旅行やJTB等が進める保険プランに加入すれば問題ないでしょう。

なお、Amex等のクレジットカードでは、海外保険サービスついていますが、そのような場合でも、海外旅行用保険に加入することを推奨します。

個人的には短期旅行であれば、クレジットカード付帯のもので問題ないかなと思います。

注意点は、カードによってはそのカードで航空券やパッケージツアーの代金を払った場合にのみ補償されるものがありますし、それ以外の補償内容もカードよって様々なので事前の確認をおすすめします。

また、基本的には90日以内の旅行が対象です。

海外に行ってしまった後では、海外旅行保険は加入できないので長期旅行の場合は別途旅行保険に加入する必要があります。

結果からいうと絶対入ったほうが良いです!私はタイへ旅行してホテルの金庫のカギを失くしたことがありましたがそれも保険でカバーされました。

また南米に旅行に行った時、ヨーロッパに旅行をした時はかばんや財布を盗まれたことがありましてこちらもしっかり保険でカバーされました(現金も含め)。

色んな保険があるのでそ検討してみるといいと思います。ラストミニットで空港で加入できる自動販売機もあります。

海外旅行に行くときはトラブルに備えて海外旅行保険に入ることをお勧めします。

この保険は主に損害賠償の補償、病気・ケガの補償、盗難補償をしてくれます。病気やけがの場合はキャッシュレス治療サービスというのも受けられます。

これは病院で治療費を払わずに治療が受けられるサービスで、治療費用は保険金から賄われます。海外旅行保険を提供している会社は10社程度あります。

比較サイトもいくつかありますので、自分に合った最適な保険を選びましょう。

短期の海外旅行であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険があれば別途海外旅行保険に加入する必要はないだろう。

ただし、年会費の無いようなカードは利用付帯であったり保障額が低かったり万が一の時にも役に立たない場合があるため、自分のカードを事前に把握しておく必要がある。

渡しの場合マイレージを貯めるために航空会社のカードに加入しており、年会費は5000円程度だが渡航から3ヶ月の海外旅行保険が自動付帯となっている。


最近はクレジットカード付帯の保険だけでも十分だと感じますが、一応保険会社の保険にも入っています。

保険は親が心配して払ってくれているので入っていますが、自分だけなら付帯の保険のみにすると思います。空港に保険会社のカウンターもありますが割高のようなので、今入っている保険会社にお願いするほうがお得です。

行く国や会社によっても違いますが、締切が旅行に行く10日前くらいなので、早めに対応したほうがよさそうです。

ベトナムは円安の時期は非常にオススメです。日本円をベトナムドン(VND)に換金すると、¥100→20000VNDくらいです。

ラーメン1杯50000VNDくらいなので大体日本の3分の1くらいの価値観で食事など出来ます。

こんな感じで元々が安いのでUSドルみたいにプラスマイナスの差が大きく影響しないので全然気になりませんね。

円安の最近はどこに行っても損した気分になるのでベトナムとってもいいですよ。

おすすめコンテンツ
海外 旅行 英語(海外旅行が決まりあたふたしているあなたがまずすべきこととは…)

このページの先頭へ